作品集のイントロダクション
としてのイメージ作品。
その1
 
「無」から「宇宙」が始まるビッグバンと画家・篠ア崇が天才として敬う6人の内なるものの爆発を重ね合わせて。
An image of big bang:
the origin of Universe
 
Just as the Big Bang created the universe from nothing, Takashi Shinozaki sees the uncontainable internal energy of the six subjects as an explosion of genius.
     
作品集のイントロダクション
としてのイメージ作品。
その2
 
私たちの宇宙空間が創成されるキッカケとなった宇宙の晴れ上がりと天才たちの内なるものの開花を重ね合わせて。
Inflation universe and
creation of inner human being
 
Long after the explosion, in an expanding universe, came the beginning of creation, raw energy blooming into internal talent.
     
作品集のイントロダクション
としてのイメージ作品。
その3
 
広大な内なる空間。そしてその中を自由に行き来し作品を生み出す篠ア崇は畏敬の念を込めて作品集「虚舟」として定着させる。
Our universe,
and for genius
 
Expansion creates a huge internal universe, in which Takashi Shinozaki travels freely. His internal voyages have led to the release of his anthology, "Utsurobune".
     
作品集のための
メインテーマ作品。
 
天才たちの創造空間に畏敬の念を抱く篠ア崇の内なるものをイメージ。この作品をトビラとして大野一雄に捧げる版画作品2点を収録する。
The main theme for
the anthology
 
Imagining the inner mind of Takashi Shinozaki, in awe of the creative universe of genius.
     
虚舟を作ったひとびと
篠ア崇 魂の学習

命の転生のための
トライアングル

箱の外側
箱の内側
虚舟の表紙

 |  | Copyright (C) 2008- TAKASHI-SHINOZAKI All rights reserved.